手術の種類と術後の注意点|目をパッチリと大きく見せる|美容整形で理想の自分になろう
ウーマン

目をパッチリと大きく見せる|美容整形で理想の自分になろう

手術の種類と術後の注意点

瞳

メス不要の手術

目を大きくしたい、ぱっちりした二重になりたいという人に需要がある美容整形が二重形成です。一重や奥二重を二重にする美容整形には、プチ整形と切開法の二種類があります。プチ整形の場合はメスを使わないで二重になれるので、とても人気があります。極細の糸をまぶたの中に入れる手術で、10分〜20分ほどで終わります。手術プランやクリニックによって糸のかけ方、糸の結び方などが異なります。丈夫で取れにくい方法ですれば、半永久的に効果が持ちます。完全に二重になれるのが切開法です。一生二重になりたい人、まぶたの脂肪が多めの人、くっきりした平行型の二重になりたい人に需要がある手術です。プチ整形よりリスクが高くなりますが、確実な効果があります。

手術後に気をつけること

プチ整形でも切開法でも、二重形成の美容整形をした場合は手術後の注意点をしっかり守る必要があります。まぶたをごしごし擦ると腫れがひどくなったり、プチ整形の場合は糸が取れてしまうことがあります。手術当日は目元を濡らさないようにして洗顔やシャワーができます。プチ整形の場合は翌日からアイメイクができます。コンタクトは一週間くらい控えたほうが無難です。切開法は手術から7日後に抜糸があり、抜糸をしてからアイメイクができます。切開法はプチ整形よりもまぶたの腫れがひどくなります。痛みが出る場合は、クリニックで処方された痛み止めを飲めば収まります。腫れが引いて不自然ではない程度になるには1ヵ月くらいかかります。